2017-07-11 23:37 | カテゴリ:仕事
久しぶりに仕事のこと・・・


先日、お付き合いのあった利用者様の訃報が入りました。
かれこれ4年以上のお付き合い・・・

とても面倒見の良い方で、私が訪問する度、色々な話をしてくださり、
生まれ故郷の大分の話や、仕事であちこち転勤族をしていた時のこと、
お子さんやお孫さんのこと・・・

利用者さんだけでなく、
同居されている奥様もお話好きな方で、
行く度に話が弾み、いつも楽しい時間を過ごしてきたご夫婦…

そして、私が転職する度に
「貴女に来て欲しいから・・・」と
転職先にわざわざ依頼をかけてくれて、私自身も本当にお世話になっていました。


ここ半年ほど・・・
持病の悪化で調子が次第に悪くなり、
数ヶ月前から看護師も介入することになり、
医療面でもサポートしながらの日々でした。

私は週1回の訪問。
出来る限りの事は精一杯しようと思って毎度の仕事に入るのですが、
ここ1ヶ月は週を追うごとに体調が悪くなり、
介護されている奥さんの不安も次第に強くなって来ました。


私はリハビリの仕事をしているのですが、
ほぼ、もう、私の出来ることは少なくなって来てしまい、
とにかく、利用者さんのサポートはもちろんのこと、
奥様のサポートもできるだけしたいと思い、
不安なこと、心配なことを、もう、ともかく丁寧に聞いて
看護師や医者、ケアマネージャーと連絡を取り合うことはしっかりとしようと思い、
動いて来た1ヶ月でした。


私は日々の仕事の時、必ず、最後に挨拶する時に
「また、来るね」と声をかけて退室するようにしています。

なぜかというと、
「また」がない利用者様がこれまで何人もいたから・・・


その方にも、「また来るね」といつも通り声をかけ・・・
笑顔で見送ってくれました。


だけれど、「また」はもうなかった・・・


訃報を聞いて、奥様に連絡したら
奥様は、取り乱すことなく、しっかりとした口調で
「今まで、本当にありがとうございます。自宅で最後まで頑張ったと思うわ。
今まで訪問してくれて本当にありがとう」と
お話してくださり、目頭が熱くなってしまいました。



思い返してみると、
いつでも、きちんとサポートできていただろうかと
私の方が却って色々と考えてしまい・・・


やはり、日々1日1日が勉強であり、
学びのひと時であり、
また、それをしっかりと利用者さんに還元できるように
精進しなければならないと、改めて心に誓った週明けになっています。


どんな時も、
どんな場所でも、

人との出会いというのは縁で、
その出会いや縁を大切に紡いでいかねばならないと
改めて、思うのです・・・


利用者様に改めて感謝の思いと、
そして、ご冥福をお祈りして・・・


また、日々、精一杯仕事をしていきたいと思います。




スポンサーサイト

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://hinayuri08.blog.fc2.com/tb.php/411-71dd0c92