2016-12-07 22:59 | カテゴリ:乳がん
本日、定期受診でした。

半年ごとの検査。
今回も採血と超音波検査と診察でした。

採血は右腕からしかできないので(リンパを取っている関係で)
血管が硬くなっている所を何回か刺され…
結局取れず、手首から…(涙)

ちょっと痛かったです。今日の採血…とほほ


その後は超音波検査。
超音波検査は毎度毎度ドキドキします。

何か写ってないだろうか、転移していないだろうか…とね。

何か写っていれば、検査技師さんたちがそのサイズを測り出すので
検査中でもそれとなく結果はわかるんですよね。

しかし、今日も超音波の検査技師のオネーチャン、
あまり愛想良くなく、黙々と検査を行っておりました💦
どうせ検査するなら、少し、患者を安心させておくれよ〜って
思うんだけれどね…

まぁ、何もなかったから良いか…(笑)

診察も特段、何も言われず、
薬を出してもらい、次回の予約をして終了となりました。

何もなく終了したことは、今年最後のご褒美かな。
ありがたい結果でした。


そんな受診の午後に、訃報を目にしました…

自律神経を整えて、免疫力を上げ、病に打ち勝つ体つくりを推奨していた
安保徹先生が急逝されたとのこと。

私がちょうど抗がん剤最中に知ることとなった安保先生の存在。
がん患者さんのみならず、様々な疾患の方が
安保先生の理論に共鳴し、免疫力を上げる実践をされてきました。

もちろん、私もその一人。
交感神経を落ち着かせ、副交感神経を働かし、
体をリラックス状態にしていくことの大切さを安保先生の様々な書籍からも
学んでいました。

ぜひとも一度、直接、安保先生のご講演を聴きたいと思っていたのですが
叶わぬ夢となってしまいました…

それでも安保先生の理論は今後もがん患者さんたちの希望の光になると思います。
新潟訛りのとても穏やかでユーモアがある先生だったとか…

講演を聴きに行きたかった…




安保先生のご冥福を心よりお祈り申し上げます。







スポンサーサイト

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://hinayuri08.blog.fc2.com/tb.php/354-4891d01c