2016-03-08 22:43 | カテゴリ:調停
私のブログを読んでくださる方はご存知かと思いますが…

つい3ヶ月前ほど…
愛車の故障から、ヒョンなことに養育費が増額になるという話に展開した…
というのを記事にしました

過去記事→瓢箪から駒

その時点で養育費が上がるよう、仲間の会社社長が
元旦那の給与を上げてくれ、どうやら助言までしてくれたようなのですが…

上がるはずだった3万円分がきちんと振り込まれたのは最初の1度きり…

なぜだか、先月から1万円が勝手に減らされて振り込まれるようになっていました。

明細を見て、マズイと直感。
メールで元旦那にきちんと催促するも無視。

今月の振込も見てみたら、やはり予定されていたはずの3万円増しの状態から
勝手に1万円減額された額で入ってる…

これはマズイぞ〜と思ったわけですね。

すぐさま、仲間の社長にLINEで連絡してみたら、
やっぱり、給与は増額した状態のまま。
仲間の社長も、せっかく給与を増やしたのに、これじゃ意味ないじゃんと呆れていました…

全くもって、だらしないというか、情けないというか…

たかだか1万円…と思う方もいらっしゃるかもしれません。

しかしながら、私にとっては(もちろん、子供達にとっても)
大切な1万。年間にすれば12万、10年で120万の違いになってきます。

ま、要は元旦那がチョロまかしちゃってるんですよね…
本当、情けない…

結局、きちんと3万増しだったのは最初の1回のみ。

そんな状況なので、もう、面倒くさいのですが、
またも公的な手段で債券没収の手続き(養育費の未払い分も半年間あるので)と
養育費を増額した額での公的証書作りをしなければならない方向になってきました。

本当面倒臭い…

養育費の未払い分は再三請求するも無視状態が続いているので、
仕方ないですが、こちらは、まず、少額請求裁判を起こしていこうかと思っています。

問題は養育費の増額をした状態の公的証書作り。
こちらをどういった手順でやっていこうか、また練り直しです。

養育費は相手の収入が増えれば
養育費増額請求調停という調停を起こすことができます。

しかしながら、この増額調停。
話がまとまらないと、またも、養育費算定表が出てきてしまい、
勝手に、私の年収と相手の年収で相応の値段を出されてしまうんですね。

そうなると、3万円増しの状況に引き出してこれるかわからず…
そして、また、あの調停に出席しなければならないといけない精神的、身体的ストレス…

これがちょっとデメリットになってきます。

せっかく、仲間の社長さんが給与を増やしてくれたのにな…
本当、だらしないです…元旦那…

一応ね、メールで三姉妹のためのお金だから、ちゃんと社長に言われた通りに
きちんと支払って欲しい旨も書いて送ったんだけれど
全然、無視。

いっそのこと、電話で請求してやろうかとも思ったのだけれど
私の多大なるストレスになるので、
今は感情的になるのはやめようと思い、思いとどまっています。


それにしてもこの養育費の問題はどうしてもついて回りますね…
昨今の世の中で、
養育費をきちんと支払っているのは2割程度…らしいですよ。

もうね、国が強制的にとればいいのになって思う。
それでなくてもシングルの貧困率上がっているのにね。
もっと、シングルへの養育費対策をするべきだよと
真面目に思ってしまいます。

それでなくても、病の体に鞭打って?笑
一生懸命働いているのにさっ(愚痴です…すみません)

あまり考えすぎたり、悩みすぎたりすると
体に毒なので、
この問題は、もう、シンプルに事務的処理として考えようかなぁ〜と
思ったりもしているんですけれどね。


さてさて…
とりあえず、色々と実行に移す前に
まず、専門家の司法書士さんか行政書士さんに
ちょっと相談してから動いていこうかな〜と思っています。

あ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


めんどくさっ(怒)




スポンサーサイト

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://hinayuri08.blog.fc2.com/tb.php/315-9cc68121