2017-09-16 13:49 | カテゴリ:おでかけ
前半は洞爺湖、小樽方面に向かったのですが、
一旦、父の実家に滞在して、今度は道央方面にルートを仕切り直ししました。

子供達は以前から旭山動物園がリクエストだったので、
そちらをメインにし、あとは私の行きたい所に行かせてもらうことに。

ちなみに私の行きたい所は、美瑛のお宿。

以前、親友とツーリングした時に泊まった宿で、とてもいいお宿があったんですね。

さて、この宿は、北海道をひとり旅したことがある方は知ってるかもしれない、この冊子↓

とほ宿の宿の一つなんです。

この「とほ宿」。
基本、相部屋なのですが、その分、値段を抑えめにしてあり、
また、それぞれのお宿がとても個性的で
お宿のマスター達の人柄がとてもよく現れる宿なんですね。

私もツーリングをした時は、北海道のあちこちの「とほ宿」にお世話になり、
今でもここで知り合った旅人さん達とも連絡を取り合ったりすることもあります。

旅をしながら、宿の人たちのみならず、そこに泊まった旅人とも語り合ったり、
情報を交換したり・・・と
私にとっては、とても思い出深い宿達なのです。

ま、今から15年くらい前は、今ほどネットも盛んではなかったですから、
旅人同士の情報の交換は、貴重なものだったんですよね。

で、今回は、久しぶりに思い出深い「とほ宿」に家族で泊まってみたいと思ったんです。

それが、この美瑛の「星の庵」さん。

ここはロケーションも最高ですし、
お宿のマスターご夫婦もとてもいい人ですし、
また料理も美味しい上に、リーズナブルともう星5つくらいつけられるお宿です。

本当オススメのお宿ですので、美瑛にお越しの際は是非泊まってみてください(^^)


ありがたいことに、星の庵の奥様が私たち家族が泊まれるように部屋割りを調整してくれ、
無事、希望の日程で泊まれることになりました。

fc2blog_20170923072727902.jpg
懐かしの星の庵。

fc2blog_20170923072630a33.jpg
宿の庭からの景色は最高で、丘からの眺めは本当に癒される景色です。

fc2blog_20170923072500ed3.jpg
朝日もね。
北海道最高♪

次女は、星の庵のワンちゃん(アンドロ)と仲良くなり、
ず〜〜〜っと遊んでいました。
大人しいワンちゃんで、次女がこんなに犬好きだとは思わず、新たな発見(^^)
fc2blog_20170923073253606.jpg

この日は海外からのお客さんも含め、全部で5組のお客さんが来ていました。
夜はマスターやお客さんとお酒を飲みながら語らいの時間。

この語らいの時間も昔と何にも変わりなく、
温かな優しい時間を過ごして来ました。

CIMG5804_convert_20170916140614.jpg

星の庵は必ず「またここに来よう」と思わせてくれるお宿。
なかなかこんなお宿はないのですが、ここは特別です。









スポンサーサイト
2017-09-16 00:37 | カテゴリ:おでかけ
北海道上陸3日目にして、雨らしい雨に当たってしまいました・・・
それがこの小樽滞在時。

折しも午前中は雨予報だったので、
予定を決めていなかった我が家はこちらに向かうことに↓

おたる水族館ね。

水族館だと雨の影響も少ないですし、
何より水族館好きの子供達にとっては良い場所でした!

DSC_0351_convert_20170916001115.jpg
イルカのショーも見れたし・・・・

DSC_0299_convert_20170916001009.jpg

キュートなチンアナゴも沢山いたし♪

DSC_0273_convert_20170916001239.jpg
マンタも水中を優雅に飛んでたし・・・

おたる水族館はトドのダイナミックなジャンプのショーなども観れるのですが、
この日はたまたま雨天。

海獣がいるコーナーは屋外にあり、そこだけが少し大変だったかな・・・
結局、かなり濡れちゃいましたが・・・
アシカに餌もあげられたし、
色々楽しんで半日過ごせました。


ちなみに、私たちが水族館で半日楽しんでいた時間、
私の母は小樽の市内でせっせとお買い物。
(相当買い込んでいた母・・・(^◇^;))


それぞれの観光が終わった後に、待ち合わせし、
小樽の思い出作りにこちらに行ってきました。

吹きガラス体験

小樽は言わずも知れたガラスの街ですが、
子供達にとって、買い物をするよりもこちらの方が思い出に残るでしょうということで・・・

急遽、ホテルのフロントのお兄さんに体験できる工房を教えてもらい、
その日の朝に予約して行ってきました。

小さな工房なのですけれど、
結構ひっきりなしに予約の問い合わせが入っていました。
当日で予約できたのはラッキーだったかも。

さて、そんなわけで、我が家の3人娘もそれぞれ・・・
fc2blog_201709160027108b5.jpg
吹いてみたり・・・

fc2blog_201709160028327a2.jpg
形を作ったり・・・

fc2blog_20170916002959e9e.jpg

整えたり・・・

もちろん、スタッフさんが丁寧に教えてくれるので、
子供達でもそれなりの作品ができる・・・(爆)

で持って、1週間後届いた作品はこちらでした。
fc2blog_20170916003053982.jpg
左から次女→三女→長女
の順で並べてみました。

それぞれ、使う色やコップのデザイン、泡やヒビなどのデザインを
考えながらの作成になりますが、
個性が出て楽しいのね。

こちらも、とても楽しかったらしく、
子供達には好評でした。

ぜひね、吹きガラス体験されたい方、オススメ(^^)

さて、そのあとは小樽を後にし、北海道旅行も後半に入っていきます!!

2017-09-09 20:29 | カテゴリ:おでかけ
私の楽しみの2つ目はこちら↓でした。

レークトーヤランチ
ホーストレッキングです!!(^^)

あちこちで引き馬には乗ったことはあったんだけれど、
ホーストレッキングまではしたことなかったのと、
ちょうど、向かう先の洞爺湖でホーストレッキングをしていたので、
迷わず体験することにしました。

数ヶ月前から早めに予約。
夏休みは結構すぐ埋まっちゃうみたいですね。

山道を行くコース40分コースと90分コースとあったんですが、
我が家は40分コースで体験。

家族みんなで1頭ずつ乗れるということと、
引き馬ではない体験がとても楽しみだったんですね。

私もここ最近、ずっと馬には乗っていなかったので、ワクワク♪
(鉄馬には10数年前に乗っていましたが 笑)
あとは雨が降らないことを祈りつつ、現地に向かいました!


ここには10頭くらいの馬達がいて、それぞれに性格があり
やっぱり人を乗せるだけあって、穏やかな馬が多いとのこと。

大きな体に優しい目の馬に癒されながら、
早速、それぞれの馬に乗せてもらえることに・・・。

最初に簡単に手綱の引き方をレクチャーしてもらい、
広場で数周ほど練習で回ったあと、
4頭が連なり、次女→三女→長女→私の順番で小高い山を上がることになりました。

馬に乗ると温かくて、すごく癒されるのね…
4頭の性格がそれぞれ違うので、きちんとスタッフさんが選びながら配置してくれていますので
安心して乗ることができました。

少し小高い山を上がるのですが、
これがまた結構な迫力で。

小道には木や草がそのまま生えていますから、
馬の背中の上から、たまに避けながらぐんぐん上がっていきます!
DSC_0243_convert_20170909210214.jpg

DSC_0232_convert_20170909205702.jpg

途中、自由奔放なお馬さん達。
草を食べてみたり、うんちやオシッコしてたり(笑)と
のんびり休みながら、小山の上まで。

山の上からは眼下に洞爺湖も綺麗に見えていました!
DSC_0240_convert_20170910113018.jpg

トータル40分弱のトレッキングでしたが、
子供達はとっても楽しかったらしく、
馬から降りた後もいつまでも馬と触れ合っていました。

なかなかな貴重な体験で、
馬達にも沢山癒してもらい、幸せ♪
DSC_0246_convert_20170909210006.jpg

そんなほっこりとした体験の後は、小樽に向かうことに・・・

続く・・・











2017-09-05 20:29 | カテゴリ:おでかけ
苫小牧の港について、その足で洞爺湖方面に向かいました。
高速道路を使って90分ほど。
苫小牧港では少し雲がかかっていた天気も洞爺方面に近づいていくと天候も改善。

洞爺湖についた頃にはいい天気になっていました!

そんなわけで、最初にこちらに向かう↓
CIMG5457_convert_20170905201159.jpg

昭和新山ね。ま、子供達にとってはただの山なので、面白くはないかもですが・・・笑
一応ね、ロープウェイもあるので、せっかくだから、有珠山の方にも上がることに。

DSC_0141_convert_20170905201703.jpg

ちょうど有珠山に上がったら、ガイドさんが説明をしてくれていて、
昭和新山の話や、噴火があった時のことなどを色々と説明していました。

昭和新山、ちょっと赤みがかかった色をしているのは、
あれは土の成分の色なのですが、レンガと同じ成分なんだそうで。
そんなわけで、地面を焼きながら隆起したので、あの赤っぽい色になったらしいです。

そして、1年も経たないうちにただの畑があの山になったとか。
あの隆起で、村ひとつ潰れてしまったそうだから、
周辺に住んでいた人にとったら、良い思い出のない山なのでしょうね。


さて、子供達は山の上に登ったら眼下に見えていた湖(洞爺湖)に早く行きたいということになり・・・
ロープウェイを降りた後は早々に湖に向かうことに・・・

湖畔に着けば、たくましい我が家の三姉妹、早速、湖畔で何やら遊び始め・・・
DSC_0206_convert_20170905202450.jpg

そして、エビをゲット(爆)
CIMG5553_convert_20170905202911.jpg

それで持って、湖畔に気になる乗り物発見!
DSC_0203_convert_20170905203541.jpg

お決まりですが・・・乗りました(爆)
CIMG5550_convert_20170905202612.jpg
63号(笑)
30分コースでしたが、3人乗り。
乗る前は、もしや私がメインの漕ぎ手になるであろうことを予測していたのですが、
3人で漕げる設定になっていたので、
車の運転で疲れていたお母ちゃんは楽をしました(笑)

小学生のチビ組さんがせっせせっせと一生懸命漕いでくれました〜〜(笑)

そして、そのまま洞爺湖畔に一泊。
洞爺湖は夏休み中、ロングラン花火大会をしておりまして、
毎晩、30分弱、湖上から花火を打ち上げするんですね。

で、ちょうど、ホテルの窓からも綺麗に花火が見えました(^^)

夜に花火を見るために観光船に乗るコースもあったんですけれどね。
我が家はそれには乗らず、ホテルから眺めることにしました。

で持って洞爺は有名な温泉地帯ですので、のんびり温泉に浸かる・・・
(そして、ビールを呑んで寝る私・・・呑んだくれておりました・・・笑)

続く・・・
2017-09-02 00:46 | カテゴリ:おでかけ
夏休み明けの仕事って、やっぱり体が鈍るのね・・・
もう、月末も相成り、今週は忙しいったら、忙しいったら・・・


忘れないうちに、旅行記を書かないと、記憶もぶっ飛んじゃうので(^_^;)
ぼちぼちと・・・


今回の北海道旅行は船中泊2泊を含む、全行程7泊8日。
やはり、北海道旅行はロングで組まないとなかなか、行きたいところに行けないので、
行く時はまず1週間程度の旅行期間で組むようにしています。

今回は母との旅行だったのもあったので、
向かう先は母のリクエストで決まりました。

・・・とそんな母のリクエストは洞爺湖(昭和新山)方面。
そんなわけで、前半は道南方面で予定を組むことに・・・

後半は子供達のリクエストを聞いたのですが、
やはり、旭山動物園が第一希望でしたので、後半は道央方面に向かうことにしました。

今回の旅行ではいくつか私の楽しみも随時入れたのですが、
まず、初日にその楽しみが一つありました!

それは・・・
CIMG5421_convert_20170902001531.jpg

このフェリーね!

私が乗ったのは仙台港から出ている船なのですが、
この太平洋フェリーの船、3隻あります。
きたかみ、きそ、いしかり
という3隻のお船。

きたかみが一番古い船で、その次がきそ、そして、一番新しい船がいしかりという船なんですね。

きたかみときそには何度か乗船したことがあるのですが、
一番新しい、いしかりの船舶に乗ったことが今までなかったんです。

なかなか、航路日程が合わなかったりすると乗れなかったりするので、
こればかりは運なのですが、
今回、往路の時に、運良く、いしかりの船舶に当たりました!

てなわけで!
行きの楽しみが一つ増えたわけです♪

このいしかりの船。
バリアフリーになっていたり、船内の部屋や作りがちょっぴり豪華になっています!

我が家が今回取ったのは1等の個室。
ベッドが2つに和室がちょっとついていて、和室スペースでも2人寝れるようになっています。

船舶自体は乗客が700人くらい乗れるらしいのですが、
さすがにお盆を過ぎると少しお客さんも減るのか、
500人弱だったそうで、前回に行った時よりもちょっとゆったり感がありました!

DSC_0055_convert_20170902003004.jpg

天気が良かったおかげで、デッキの上も真っ青な海と空で堪能♪

船内設備も充実していて、航行中は飽きないようにとホールなどで生演奏があったり、
ミニシアターで映画放映もやっていたりします。


やっぱり、新しい船は良いわぁ〜。
綺麗だし、かなり便利になっています。

おかげで快適に往路をゆく・・・

(とはいえ、夜の船内で私はビール飲んで寝てたんですけれどね・・・爆)


仙台港を19時に出向し、苫小牧港に着くのは翌朝10時過ぎ。
朝起きて、ゆっくりしたら楽しみの北海道に着きます!

DSC_0060_convert_20170902004039.jpg

苫小牧港到着にて、ハッチが開きます〜〜〜
ここから、続々と車が出てくる、出てくる・・・


続く・・・