2016-05-17 21:19 | カテゴリ:調停
人生色々と重なる時ってのは重なるもので…

先日、養育費増額調停もありました。

さすがに2回目となると、ちょっぴり慣れる自分が怖い(笑)
司法書士さんに今回は事前に相談したし、
そういう意味では心穏やか?(笑)に調停に向かうことができました。

相手が来るか、今回も心配だったのですが
元旦那の会社の社長から、
元旦那が調停の日に休みを取ってきたというのを聞いていたので
きっと来るんだろうなぁ…とは事前に思っていました。

一応、色々と資料を準備して、
娘たちの写真も持っていくことにしました。

調停が始まって、まず私の意見を伝えました。

元旦那の勤めている会社の社長が知り合いであること。
その社長が私の状況を考慮してもらい、元旦那の給与を上げてくれ、かつ養育費を上げるようアドバイスしてくれたこと、
そして、その増額分がきちんと反映せず、減らされていること。

あとは私の事情をね…

今回の調停は私も慣れたのかな…
ゆっくり、落ち着いて事情を伝えることができました。

調停員さんもきっと相性が合ったのかもしれません。
特に、女性の調停員さんが頑張ってくれました。

私の状況を伝えた後は、元旦那の番になり…
私は待合室で待機していました。

しばらくして、再度、部屋に呼ばれました。

そして話されたのは、意外にも素直に要求通りの額に上げてくれたとのこと。
3人で7万です。

どうして6万になってしまっていたのかは、聞かなかったのですが
どうやら、要求には素直に応じたようです。

本当は保証人をつけて欲しかったのですが、
やはり、第三者をこの調停で保証人につけていくのは難しいみたいです。
できないことはないらしいのですが…

あとは、調停員さんから
元旦那がこんなに頻回に増額調停をしてもらったら困る…
みたいなことを言っていたと聞きました。

頻回って言ったって、元旦那がきちんと7万払ってればこんなことしないよ!
って心の中では思いましたけれど
まぁ、6万から7万で上がりましたから良しとしました。


実は、今回、私、三姉妹の写真を持って行きました。
一応ね、自分の娘たちがどれくらい大きくなったのか、知って欲しかったのもあったしね。

向こうは会いたいと思っているかどうかはわからないけれど…


でも、この三姉妹の写っている写真。
これが、決め手になったみたいです。


そんなわけで、意外にもスムーズに調停が終了。
もう、気が変わらないうちに早々に調停証書を作ってもらいました。


そんなわけで、
とりあえず、公的書類は無事作ることができました。

これで、とりあえず、未払いになっても
給与の差し押さえなどができる、公的なものが出来ました。

本当、一安心しました。


今回は、事態が好転してくれたので
ホッとした気持ちで帰路につくことができました。

帰りに大宮にあるこちらにお参り。
fc2blog_20160517211638b8e.jpg
氷川神社のケヤキ並木の参道を通りながら
陽の気を頂きながら、お参りして帰りました。

さて…
養育費の件はこれで一旦、区切りがつきました。

今度は、自分の仕事のこと…ですね。
気持ちを切り替えねばです。









スポンサーサイト
2016-04-20 22:46 | カテゴリ:調停
養育費では未だすったもんだしている我が家なのですが…

以前の記事はこちら

先日、養育費の増額分が勝手に減らされて入金されるという事態に
危機感を覚え、どう対策を取ろうか、方々と相談したり、考えたりしていたのですが…

とりあえず、第一段階として
養育費増額調停を申し立てしてみることにしました。

手続きとしては前回の調停と同様、
申立書の記入と収入印紙と郵送のための切手代購入だけで済みました。

でも、子ども一人につき、申し立ての費用が1200円ほど取られるので
1200円✖️3人分がかかってしまうのですけれどね…

とりあえず、未払い分を支払督促をかける前に
養育費増額調停をして様子を見てみることに。

ちょうど先月半ばに調停の申し立てをしていたのですが、
なかなか連絡が来ないなぁ〜と思ったら、
今日、届きました。

例のアレ?!(笑)
fc2blog_2016042022141317c.jpg
調停期日通知書(要は呼び出し状です 笑)!

期日は来月の半ば。
今年は調停が混んでいるのかな?
ちょっと申し立て日から期日決定までちょっと長引きましたね。


…とそんなわけで、再び、養育費増額調停のために裁判所へ出廷です。

いやはや…
手間なんですけれどね…これも…

だけれども、きちんと書類作りをしておかないと、
何せだらしない元旦那なもんだから
いつ、また養育費が止まるかと思うと気が重いし、
やれる時にやっておかないとです…

前回の調停はちょうど1年前の3月半ばくらいだったかなぁ…

あの時は調停の場にいることもかなりストレスだったのだけれど、
今回2回目になるから、少しは慣れる…かしら????
とも思いつつ…

しっかりアピールするところはアピールしてきたいと思います。

ちなみにね…
前回の調停員さんはきちんと話をしてくれなかったので
別の人にお願いしますと裁判所の方には伝えてあります。

ま、次の調停員さんも良いか悪いかはわからないですけれどね…

そんなわけで、
また来月に向けて、ちょっぴり資料作りと整理。

言いたいこと、伝えたいことをしっかり伝えられるように、
とりあえず、書面にはしたいと思っています。

本当、やれやれ…です。この問題…
2016-03-19 06:00 | カテゴリ:調停
先日、養育費の未払い分の請求方法について
役所の法律相談を利用し、相談に行ってきました。

相談相手は司法書士さん。
少額訴訟を起こす場合は行政書士よりも司法書士の方がいい…
なんて、ネットの情報にあったので
ちょっと相談に行ってきました。

予定されていた時間に部屋に呼ばれると、女性の司法書士さん。
女性の方が話しやすいかな〜と思って、
この間の流れを簡単に話していたのですが…

この司法書士さん。
実はご専門が登記の方がメインにお仕事されているらしく、
こういった、法廷関係の方はあまりよくわからず…

結局、お話だけして、
養育費を専門にしている仕事仲間に詳しく聞いてみます…
とのご回答でした(汗)


内容として聞いていたのは
①未払い分(半年間)の請求方法をどうすると良いか
②仲間の社長が元旦那の給与を上げてくれた分を、どう養育費の額に反映させるか

この2点です。

部屋に入ってこの間の流れや、どう動いてきたか…
(内容証明郵便とか、調停とか…ネ)
を話ししてたら、
よく、ここまで、ご自分で動きましたね、大変でしたでしょう?!
と労われてしまいました(汗)

いやはや…
ま、大抵のことはネットで調べれば載ってますしね…(苦笑)


ま、それはさておき…

相談した次の日の夜に、先の司法書士さんがお仲間に聞いてくれたらしく、
連絡をくれました。

まず
①未払い分(半年間)の請求方法をどうすると良いか
に関しては、裁判所の制度に「支払督促」という方法があり、それを利用すると良いのではないか?
とのご返答をいただきました。

この「支払督促」というのは
裁判所が相手に対し、債券の支払をするよう通達してくれる制度らしいのですね。

少額訴訟と同じような感じなのですが、
かかる費用が少額訴訟よりもちょっと安いらしいです。

裁判所から通達が行くので、
大抵の人はこれでビビって支払をしてくるらしいのですが、
もし、これで支払われないようであれば、
給与先に裁判所から差し押さえの手続きを取ってもらえるらしいです。

ま、半年分の養育費なので結構ありますしね。
しっかり請求させていただこうと思います。

そして2点目。
②仲間の社長が元旦那の給与を上げてくれた分を、どう養育費の額に反映させるか

こちらは、やはり養育費増額調停を起こし、公的書類を作るしかないとのことでした。
なので、支払督促と養育費増額調停の2つを進めていかねばなりません…

面倒だな〜〜
・・・とやっぱり思って、こういう一連の作業を司法書士さんにお願いしたら
いくらくらいになるのかな???
なんて思って聞いてみたのですよ。お値段。

私、実は10万円くらいでやってくれるのかな〜と思ったら…

相談した女性司法書士のお仲間さんが言うには
「そんな値段では到底出来ません(要は、もっと高額かかります)」
とのことでした(撃沈)

専門職のお値段って高いわねぇ…

10万だって、結構いい値段なんだけれどなぁ…
もっとかかるんだったら、自分でやろうっと思った次第なのでありました。

そんなわけで、ちょっと方向性が見えてきました。

でも、一つ気になることが…
支払督促も、養育費増額調停もしていこうという気持ちはあるのですが、
問題は、その進め方…

支払督促でガチガチに締め付けちゃうと
その後の養育費増額調停の時に相手にごねられちゃう心配が…

なので、先に養育費増額調停を申し立てしてから、
その場で未払い分の話し合いをして、それで決着しなければ
支払催促する手もあるかな〜
なんて思ったり…

考えが色々と巡る…
(そして寝不足…💦)


考えちゃうと気になって眠れないよ〜〜〜


てなわけで、朝も早くから目覚めてしまい、
ネットで情報収集。

折しも今日から三連休だし。
ちょっと色々ゆっくり考えながら、答えを出していきたいと思います。

2016-03-08 22:43 | カテゴリ:調停
私のブログを読んでくださる方はご存知かと思いますが…

つい3ヶ月前ほど…
愛車の故障から、ヒョンなことに養育費が増額になるという話に展開した…
というのを記事にしました

過去記事→瓢箪から駒

その時点で養育費が上がるよう、仲間の会社社長が
元旦那の給与を上げてくれ、どうやら助言までしてくれたようなのですが…

上がるはずだった3万円分がきちんと振り込まれたのは最初の1度きり…

なぜだか、先月から1万円が勝手に減らされて振り込まれるようになっていました。

明細を見て、マズイと直感。
メールで元旦那にきちんと催促するも無視。

今月の振込も見てみたら、やはり予定されていたはずの3万円増しの状態から
勝手に1万円減額された額で入ってる…

これはマズイぞ〜と思ったわけですね。

すぐさま、仲間の社長にLINEで連絡してみたら、
やっぱり、給与は増額した状態のまま。
仲間の社長も、せっかく給与を増やしたのに、これじゃ意味ないじゃんと呆れていました…

全くもって、だらしないというか、情けないというか…

たかだか1万円…と思う方もいらっしゃるかもしれません。

しかしながら、私にとっては(もちろん、子供達にとっても)
大切な1万。年間にすれば12万、10年で120万の違いになってきます。

ま、要は元旦那がチョロまかしちゃってるんですよね…
本当、情けない…

結局、きちんと3万増しだったのは最初の1回のみ。

そんな状況なので、もう、面倒くさいのですが、
またも公的な手段で債券没収の手続き(養育費の未払い分も半年間あるので)と
養育費を増額した額での公的証書作りをしなければならない方向になってきました。

本当面倒臭い…

養育費の未払い分は再三請求するも無視状態が続いているので、
仕方ないですが、こちらは、まず、少額請求裁判を起こしていこうかと思っています。

問題は養育費の増額をした状態の公的証書作り。
こちらをどういった手順でやっていこうか、また練り直しです。

養育費は相手の収入が増えれば
養育費増額請求調停という調停を起こすことができます。

しかしながら、この増額調停。
話がまとまらないと、またも、養育費算定表が出てきてしまい、
勝手に、私の年収と相手の年収で相応の値段を出されてしまうんですね。

そうなると、3万円増しの状況に引き出してこれるかわからず…
そして、また、あの調停に出席しなければならないといけない精神的、身体的ストレス…

これがちょっとデメリットになってきます。

せっかく、仲間の社長さんが給与を増やしてくれたのにな…
本当、だらしないです…元旦那…

一応ね、メールで三姉妹のためのお金だから、ちゃんと社長に言われた通りに
きちんと支払って欲しい旨も書いて送ったんだけれど
全然、無視。

いっそのこと、電話で請求してやろうかとも思ったのだけれど
私の多大なるストレスになるので、
今は感情的になるのはやめようと思い、思いとどまっています。


それにしてもこの養育費の問題はどうしてもついて回りますね…
昨今の世の中で、
養育費をきちんと支払っているのは2割程度…らしいですよ。

もうね、国が強制的にとればいいのになって思う。
それでなくてもシングルの貧困率上がっているのにね。
もっと、シングルへの養育費対策をするべきだよと
真面目に思ってしまいます。

それでなくても、病の体に鞭打って?笑
一生懸命働いているのにさっ(愚痴です…すみません)

あまり考えすぎたり、悩みすぎたりすると
体に毒なので、
この問題は、もう、シンプルに事務的処理として考えようかなぁ〜と
思ったりもしているんですけれどね。


さてさて…
とりあえず、色々と実行に移す前に
まず、専門家の司法書士さんか行政書士さんに
ちょっと相談してから動いていこうかな〜と思っています。

あ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


めんどくさっ(怒)




2015-04-20 05:52 | カテゴリ:調停
先日、役所で開催されている法律の無料相談なるものに出かけてきました。
相談内容はもちろん、養育費のこと。

相談時間は1時間くらいなんですが、
法律の専門家である行政書士さんに相談できるとのことで、
こりゃ、一度利用してみようということで行ってきました。

先日の養育費請求調停でとりあえずの額は決定したものの、
未払い分がありますしね…
あと、その未払い分をどうやって請求していくかの相談と
先日の調停での内容の話も一緒にしてきました。


相談していて思ったことは…





早く、相談しておけば良かった…orz

この一言に尽きる…


ま、事が済んだ後に相談したっていうのもあるのだけれど
やっぱり、こういう法律的な問題は専門家に事前に相談した方が良いですね…

ちょっと後悔…

行政書士さんと話をしていたら、
やはり、私の養育費請求調停の時の担当してくれていた調停員さんは
ちょっと、あまり対応が今ひとつだったみたい。

養育費未払い分も本来なら一緒に調停の場で案件として扱ってくれるらしい…

私の場合は、調停員さんに未払い分は別の問題と言われてしまったんだけれどね…。


ま、もう、終わったことなので、後からどうもならないので
これからのことを相談してきました。


結果的には、未払い分はもう一度、家裁に申し立てしていくそうです。
養育費を借金として扱う場合は、場合によっては民事調停になるかも…
とは言われましたが…

とりあえず、元義家族に未払い分の請求の旨の連絡をして(書面に残してあるので)
それで払ってもらえないようなら、また家裁にいくことになるそうです。


はぁぁ〜〜〜
面倒くさいけれど、一度、連絡をせねばなりません。

どうせ、内容証明郵便を送っても受け取らないでしょうしね。
電話連絡、精神的に嫌なんだけれどなぁ〜


もう、いきなり家裁に持って行きたい気分です。

ちょっと心の準備をして、また一息、動いていこうと思います。
子供達のためだものね…。いやはや